デミオは運転の楽しいコンパクトカー!

マツダが不振であった頃、マウンテンバイクを2台収納できるコンパクトカーとして登場しました。
デミオはヒット。
マツダの回復へとつながったと言われています。
その後、デミオは代を重ね、徐々にその雰囲気を変えていきました。

大幅な軽量化による燃費向上に続き、スカイアクティブテクノロジー搭載による更なる燃費向上を果たし、燃費のいいコンパクトカーの代表ともなっています。
外見も角ばった感じから、しだいに丸くなってきています。

しかし、魅力である扱いやすさ、運転のしやすさは変わりません。
コンパクトカーでありながら、運転が楽しく、またコンパクトカーならではの扱いやすさも併せ持っています。
それに加え、燃費がどんどん良くなっています。

コンパクトカーの長所である燃費のよさ、そして扱いやすさが進化する一方、コンパクトカーの弱点を克服し、運転が楽しく、安っぽくない作りとなっています。

マウンテンバイク2台を積むのは難しくなりましたが、それでも広々とした車内もデミオの魅力のひとつです。
普段使う際も広々としていますが、席を倒したりして更に広い空間を確保することができるのも、魅力です。
一味違ったコンパクトカーであるデミオを、楽しんでみてはいかがでしょうか。

デミオを売るなら買取専門業者

この車は、マツダの売れ筋の車でデビューしたときから大ヒットした車だと聞いています。
コンパクトカーといえば小さいので小回りも効くことから、どうも小さくて狭いイメージがありますが、デミオは小さくまとまった感じでもありません。
コンパクトカーにしてはゆったりとしていると感じ窮屈な感じはしません。

私は特にコンパクトカーということを意識していませんでしたが、出始めたころはコンパクトカーにしてはデザインもかわいすぎず、スタンダードな感じでコンパクトカーに乗るならデミオにしようと思っていました。

私だけでなく多くの人がそう感じたのでヒットしたのだと思います。
実際に運転してみても非常に運転しやすく感じました。

デミオは、コンパクトカーなので狭い道のすれ違いでも比較的楽に感じます。
自宅の狭い小さな車庫にもうまく入ります。
コンパクトカーでありながら5人はしっかり乗り込めるのでファミリーカーとしても十分だと思います。

モデルチェンジもしてきましたが、私としては初期の頃のデザインが、特徴もはっきりしてデミオらしいデザインでよかったと思います。

現在のモデルも今風な感じになって、ちょっと特徴がマイルドになったかなと思いますがそれもまたいいように思います。

ただ中古車の人気はイマイチなので、売る際に高値買取して欲しいなら、下取りではなく買取専門業者で査定するようにしましょう。

参考:デミオ買取