リビングルームのフローリング張替リフォームは20万円から。

リビングルームのフローリング張替は、最低限の床材を選んでもやはり数十万円はかかるというものでした。
わが家の場合は、キッチンとダイニングスペースと一続きになっています。
トータルで20畳ほどです。

リビングルームだけの広さと考えたら、なかなか大きいものですけれど、キッチンとダイニングスペースと同じフロアだとしたら、まあ妥当な広さでしょう。
そして、それぞれのスペースが壁で仕切られていないことによっても、フローリングの張替えリフォームにしましても、いくらか抑えられたということでした。

一続きの巨大なフロアーですから、材料をカットする必要がなく、そのまま張っていけますからね。
それに、当たり前のことですけれど、リビングのフローリングの張替えリフォームは、ただ板を張るだけではなく、まず最初に既存の床材を剥がす作業もあるのです。

そしてもちろん、廃棄物の撤去作業にも工賃が発生するわけです。
その費用はまあ大体5万円以下ですね。
処分費用もリフォームを請け負ってくれる業者さん持ちということで、5万円以下ぐらいが相場だということでした。

そして床材そのものの費用が最低限の化粧シート系で大体20万円弱ぐらいですから、そこに工賃や撤去作業費用などを含めて、トータルで30万円ぐらいをみておけばいいでしょうか。ちなみにわが家は安くしてもらった部分もあって、28万円ぐらいとなりました。

工賃が高いというよりも、やはり資材がフローリングリフォーム費用の大半を占める感じですね。
けれどもこれで材質に天然無垢素材を選んでいましたら、資材購入だけで倍ぐらいの費用になると言いますから。
まあ妥当な金額でしょう。

参考:リビングのフローリング張替リフォーム体験談。